MYシナソングランプリ作品紹介

“未来へつなごう!信濃の国”キャンペーンにて、アルクマダンス動画、写真、エピソードを募集したところ、 多くの応募をいただきました。
その中から最優秀作品を決める「MYシナソングランプリ」では、厳正な審査の結果、 ついにグランプリが決定しました。
2月11日(月・祝)に「表彰セレモニー&記念講演会」を開催しました。たくさんのご来場ありがとうございました。

「信濃の国」県歌制定50周年事業

“未来へつなごう!信濃の国”キャンペーン表彰セレモニー&記念講演会開催!

表彰セレモニー13:30頃~

日時

平成31年2月11日(月・祝日)13:30~15:00

会場

ステーションビルMIDORI長野3階 りんごのひろば
(長野市南千歳1-22-6長野駅ビル自由通路の上階)

最優秀作品対象者 (MYシナソングランプリ)

アルクマダンス部門佐久市立浅科小学校4年生

ゆかりの写真部門kaphoto26

エピソード部門夏蜜柑

その他

・応募作品の展示等は、同会場で10:00~16:00(予定)まで行います。
・コーラスリレー記念ムービーは、表彰セレモニー(13:30~)の中でお披露目します。
・公開で行いますので、どなたでもお気軽にご来場ください。
・手話通訳及び要約筆記を行います。

記念講演会14:00頃~

「信濃の国」の謎に迫る  ー浅井洌の作詞方法を中心にー

講師 重要文化財旧開智学校校舎学芸員遠藤正教さん

*「信濃の国」の作詞方法から、歌にまつわる謎を解明していきます。

“未来へつなごう!信濃の国”キャンペーンとは

  • コーラスリレー(歌唱動画応募作品をつなぎ合わせ、記念ムービーを公開)応募総数47点
  • MYシナソングランプリ(ダンス動画、写真、エピソードの3部門)応募総数233点(ダンス:17、写真:184、エピソード:32)
企画振興部広報県民課県民の声係(課長)加藤浩(担当)小脇美登理
電話 026-235-7110(直通)026-232-0111(代表)内線2267
FAX 026-235-7026
E-mail koho@pref.nagano.lg.jp

アルクマダンス部門 今週の1位

グランプリ

佐久市立浅科小学校 4年生

りんごりん
ボーイスカウト東信地区
信濃☆
ちびっこオバケのハロウィンダンス
佐久市立浅科小学校 4年生
ひま
まこ
S.O.Pストリートダンススクール

アルクマダンス部門 今週の1位

グランプリ
img

**懐かしき写信部での撮影会の時の写真。**撮影会したい……。
**長野の湖(うみ)は美しい。*橙に輝く夕暮れ時の諏訪湖。

kaphoto26

  • img

長野県長野市戸隠高原にて

myaaa2939

  • img

長野県諏訪市霧ヶ峰にて

myaaa2939

  • img

長野県小布施町にて

myaaa2939

  • img

長野県松本市穂高岳にて

myaaa2939

  • img

長野県白馬村青鬼集落にて

myaaa2939

  • img

*移り行くかたち*群れをなし、鮮やかに木々を見せてくれた花たち。風に吹かれ、旅立つ花びらも、それは美しい景色でした。

myaaa2939

  • img

長野県松本市蝶ヶ岳にて

myaaa2939

  • img

善光寺でみつけたモンブランのソフトクリーム

coojik

アルクマダンス部門 今週の1位

グランプリ
私は松本市出身で、小学校のときに音楽の授業で信濃の国を教わりました。それ以来、家でもよく歌うようになり、父と歌ったり、カラオケでも必ず歌っていました。

今年の春、大学生となり、県外に出ました。水道水が口に合わなかったり、長野県の気候が恋しくなりホームシックにかかっていたとき、同期でカラオケに行くことになりました。カラオケに行き、まさか無いだろうと思いながら機械で検索したら信濃の国があったのです!!とても嬉しくなり、大熱唱しました。それからもカラオケに行くときは必ず歌っています。

私にとって信濃の国は故郷を思い出させてくれ、ホームシックを慰めてくれる歌です。

信濃の国50周年おめでとうございます!これからもたくさん歌わせて頂きます!!
夏蜜柑
  • 俳句 旧軽の三笠の道の風光る
    俳句 新蕎麦の幟の揺れる戸隠に
    俳句 木曽路来て奈良井の宿の木守柿
    安田 蝸牛  (やすだ かぎゅう)
  •  俳句 高遠の里を霞める花月夜

     俳句 姨捨の田毎と言へば見ゆる月

     俳句 信州は国のまほらや青山河
    安田 蝸牛 (やすだ かぎゅう)
  • 「短歌」

    嫁ぎ行く 君と最後の 二人旅 目に焼き付ける 赤そばの里
    あーちゃん
  • はじまりは蓼科女神湖から

    真夏の8月7日。その日は私の誕生日。どうしてもこの日に結婚式を挙げたいという思いから、式場探しが始まりました。

    私たちの住まいは神奈川と大阪。暑さから逃れられ、夏の楽しいひとときを過ごせる場所を思い描いていました。どこがいいのかな…?ブライダル雑誌を眺めていると、一枚の写真が目に留まりました。『蓼科の女神湖』です。にぎやかな観光地の湖とは違い、落ち着いた雰囲気が漂い、白樺の木々がやさしく迎えてくれる、まさに理想的なところだと、すぐにわかりました。

    結婚式当日、純白のウエディングドレスに身を包み、ロールスロイスで湖をのんびり一周。運転手さんが時折クラクションを鳴らし、行き交う人に私たちの結婚を伝えてくれました。「おめでとぉー」温かい声と拍手が送られました。優雅さと、贅沢、そしてこの上ない幸せを感じました。

    結婚20周年の夏、私たちはこの場所に戻ってきました。新たに2人の子供も加わりました。湖から吹く風が肌に心地よく、白樺が体をふるわせながら「お帰り」と言ってくれているようでした。

    湖をバックにブライダルフォトからファミリーフォトへ、住まいも日本からオーストラリアに変わりました。時は川のように流れていますが、私たちの出発点はここ、蓼科女神湖です。これからも、変わることなく…。
    女神
  • 息子と旧開智学校

    「これが学校なの?」小学6年生だった私は、社会の教科書に載っていた一枚の写真に引き寄せられました。味気のない校舎のイメージを覆す、異国情緒あふれるモダンな建物です。「一度見てみたい!」春休み、長野県内に住む叔父に連れていってもらいました。重要文化財の『旧開智学校』です。

    30年後、男の子を授かりました。どんな名前にしようかな?寝ても覚めても頭の中は名前のことばかり。しかし…なかなか思いつきません。意味があり、読みやすい名前はないかしら?そんな中、ふと、あの開智学校が頭に浮かんできました。開智かぁ。開智、開智。いい名前!とっても深い名前だと思いました。

    開智学校との出会いから35年後、今度は息子の開智を連れて、この学校を訪ねました。入口の前に立つと、言葉では表現できない感情がこみ上げてきました。「ここから名前もらったんだよ!」思わず息子の手をぎゅっと握りしめました。外は夏の日差しが照り付け、白壁の校舎がなお一層まぶしく感じます。そんな光景を見ていると、この学校と私は、何か見えない糸で結ばれているような、不思議な気持ちになりました。

    息子もいつのまにやら大きくなり、自分のことを「開智」から「ボク」と呼ぶようになりました。子育てに追われ、毎日が目まぐるしく過ぎていきますが、毎朝欠かさず息子に語りかけている言葉があります。「開智の開智は、自分の能力を引き出し、知識を広げる開智です」と。
    智子
  • 心のふるさと会吉

    「とわかっただろう。よっぱらってないか(遠かっただろう。車酔いはしてないか)」
    祖母は曲がった腰を一生懸命伸ばし、神奈川から来た私をこう迎えてくれました。
      
    長野県旧四賀村の『会吉』。山間にある小さな集落です。ほかほかと湯気が上がったなす味噌のおやき、皿にこんもり盛られた野沢菜の漬物が食卓にのぼります。子供の頃は、すっごくおいしーい!とは言えませんでしたが、年々味わい深いものに変わっていきました。夏のおやつは、畑から採ったばかりのトウモロコシをその場で塩ゆでし、がぶりつきます。トウモロコシってこんなに甘いんだぁ。新しい発見でした。

    春になると、山のてっぺんまで登り、こだまと遊びました。夏は畑でトンボと追いかけっこ、秋は落ち葉の下からきのこの宝探し、冬は雪の中へ大きくジャンプ! どこを見ても四角い建物と、こうこうと光る街明かりの中で暮らす私には、ここで体験するすべてが新鮮で、ワクワク、ドキドキの連続でした。

    ただ、一つだけ困ったことがありました。それはトイレが外だったことです。夜はお化け屋敷よりずっと怖く、足がすくみます。でも満点の星が、私を照らしてくれました。まるで手に届きそうな、降ってくるような…。空は一面、星の花畑でした。流れ星を見ながら、星の流れる速さを知りました。とっても早い!残念ながら願い事は、一度も出来ませんでした。

    祖母が他界し、20年もの歳月が流れました。いつの日からか、会吉に帰ることもなくなりました。しかし、ここで見た山の表情、色とりどりの菊畑、そして口に広がる手作りのおいしさは、私の記憶から消えることはありません。会吉は、私の心のふるさとです。ずっと、永遠に…。
    会子

エピソード部門 今週の1位

「信濃の国」に合わせて歌いながら座って行う健康体操。声を出して歌いながら、いつまでも自分の力で動かせる体を保ち続けましょう。
佐久穂町地域いきいき健康クラブ
混声4部合唱の「信濃の国」。特に最後のコーダは、今日ここで大勢のみなさ まと歌えたことの喜びと、また近いうちに一緒に歌いましょうという余韻と出会いを表現しています。
飯田シルバーコーラスかざこし
【ピアノ伴奏ver】4歳から高校生までの団員が仲良く活動中です(1976年創立・2016年「第1回長野市こども文化芸術賞」受賞)。
「信濃の国」は長野の文化ですよね。長野県HPの「信濃の国」日本語と英語バージョン、両方を歌っているのも長野少年少女合唱団です。
そちらも聞いてくださいね。
長野少年少女合唱団
信濃の国応募作品
長野県聴覚障がい者情報センター
2009年の信濃の国まつりでの演舞 
大賞を受賞、2007年からの三連覇となった。生命誕生のイメージから始まり 最後に「未来へ~」の声で終わっています
飯山市のAQUAの太鼓をまとった演舞
高丘女声コーラス 鈴木伸一
2007年「信濃の国まつり」での演舞
この年の大賞(優勝)になりました。
飯山市のAQUAです
松本市制100周年イベントで松本城でも演舞しました
高丘女声コーラス 鈴木伸一
佐久市立浅科小学校4年生です。
県歌「信濃の国」で長野県のことを学習したり運動会ではダンスを披露したりしています。
私たちは長野県が大好きです。
浅科小学校4年生 × 長野県PRキャラクター「アルクマ」
今年の夏「第17回日本スカウトジャンボリー」が石川県珠洲市で行われました。この大会は、海外スカウトも含めて13,000人が参加し、その交流会で「信濃の国」を踊り、みんなで盛り上がりました。これは、大会報告会の際「熱かった」夏を思い出しながら踊った時の映像です。
ボーイスカウト東信地区
<※キャンペーン窓口注>こちらの作品はエピソード部門にご投稿いただいた絵手紙です。
大きな画像はインスタグラムでご覧ください。
https://www.instagram.com/
p/BoeIVGTB25N/
山岸 麻美
信濃の国(安曇野コンサートバージョン)
アカペラグループ Queen's Tears Honey
これからも、信濃の国を歌い続けていきます。
松本ママカペラ
2014年に自分たちの住んでいる佐久市をPRしよう!という気持ちで作ってみた動画です。私たちの自慢の佐久市が一望できる展望台でアルクマカラーで踊ってみました!
ダンスクラブKDC キッズクラス
県歌”信濃の国”を伴奏にして太極拳を演武しました。
塩尻武術太極拳同好会